薬用デニーロの全成分をチェックしてみると【副作用は危険?】

薬用デニーロ 副作用

 

ニキビの悩み解消に効果が高い薬用デニーロ(DENIRO)ですが、肌に使うものですから副作用の危険がないか不安に思う人もいるでしょう。

 

ここでは、薬用デニーロ(DENIRO)に危険な副作用がないのか、購入前の不安を解消するために徹底的に調査しました。

 

薬用デニーロ(DENIRO)を購入しようかどうしようか迷っている人はぜひ最後までご覧ください。

 

 

薬用デニーロ(DENIRO)の成分から危険な副作用の可能性をチェック

 

薬用デニーロ(DENIRO)の販売サイトから全成分を引用すると次の通りです。

 

“水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K 、ビサボロール、3-O-エチルアスコルビン酸、米糠抽出物水解液A、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、酵母多糖体末、プルーン酵素分解物、スターフルーツ葉エキス、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カモミラエキス-1、ステアロイルフィトスフィンゴシン、トレハロース、天然ビタミンE、エチルヘキサン酸セチル、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、BG、カルボキシビニルポリマー、1,2−ペンタンジオール、水酸化K、フェノキシエタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、水添大豆リン脂質”

 

化粧品って女性用はもちろん、男性用も使われている成分がすごく多いんですよね。

 

聞きなれない成分ばかりですが、もちろんこの中に危険な副作用を引き起こすような成分はありません。

 

薬用デニーロ(DENIRO)の販売元にも確認しましたが、現在のところ、薬用デニーロ(DENIRO)を使用して重篤な副作用が起こったという被害報告はされていないそうです。

 

肌に負担をかけないために

 

薬用デニーロ(DENIRO)は肌に負担をかけないために、香料・着色料・アルコールは不使用。

 

もちろんパッチテスト済みで乾燥肌や敏感肌の人も問題なく使えています。

 

ただ、薬用デニーロ(DENIRO)の口コミを見ると、なかには「自分の肌には合わなかった」という口コミもあるので、使ってみて肌に違和感がある場合は使用を中止しましょう。

 

薬用デニーロ(DENIRO)は医薬部外品

 

薬用デニーロ(DENIRO)は医薬部外品です。

 

医薬部外品ってよく聞く言葉ですが、その意味をご存知でしょうか?

 

化粧品の中にはよく「薬用〇〇」という商品がありますが、「薬用」と「医薬部外品」ではどちらが効果が上なのって思ったコトありませんか?

 

医薬部外品について理解するには、「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の3つの違いを知っておく必要があります。

 

まず化粧品ですが、これは美容目的の商品ですね。美容目的といっても幅は広く、歯磨き粉やバスソルトも化粧品に分類されるんですよ。医薬品や医薬部外品と比べると効果は緩やかです。

 

次に医薬品ですが、治療や予防に効果が認められた成分を配合したものです。医薬品には医者の処方箋が必要なものと、処方箋なしで買える市販薬があります。

 

そして医薬部外品ですが、医薬品と化粧品の間と思っていいでしょう。医薬品ほどの効果はありませんが医薬品に準ずる効果を持つものです。

 

医薬品と医薬部外品は「有効成分」を表示することができますが化粧品は「有効成分」を表示することができません。薬用化粧品といっても有効成分の表示がなければ効果は緩やかなものです。

 

薬用〇〇より医薬部外品のほうが効果を期待できるんですね。

 

そして医薬部外品は厚生労働省が認めないと表示できません。薬用デニーロ(DENIRO)は医薬部外品として厚生労働省からも認められているということですね。

 

配合成分はもちろん安全なものばかりですし、医薬部外品として認定されている薬用デニーロ(DENIRO)は危険な副作用の不安なく安心して使えるニキビケア商品です。

 

>>薬用デニーロ(DENIRO)の詳細はコチラ