より成分を浸透させるには?【効果的な使い方】

薬用デニーロ 効果的な使い方

 

薬用デニーロ(DENIRO)の効果的な使い方ってあるのでしょうか?同じ化粧品を使っても人によって効果があったりなかったりするのは、もしかしたら使い方に問題があるのかもしれませんよ。

 

ここでは、薬用デニーロ(DENIRO)の効果的な使い方をご紹介します。

 

効果的な使い方といっても、実は薬用デニーロ(DENIRO)を使う前がポイントなんですよ。

 

薬用デニーロ(DENIRO)の使い方

 

薬用デニーロ(DENIRO)は洗顔した後に、パール大を目安にニキビが目立つところを中心に、そのほか気になる部分になじませて使います。

 

少しべたつくのが気になる人は、パール大より少量で使ってみてください。

 

これだけでニキビケアができるのだから簡単ですよね。

 

朝と夜寝る前の洗顔後に使うのが効果的な使い方です。

 

薬用デニーロ(DENIRO)の効果を高めるには

 

薬用デニーロ(DENIRO)の効果をより高めるには、実は薬用デニーロ(DENIRO)を使う前の洗顔の仕方に気をつける必要があります。

 

何に気を付けるかというと「過度な洗顔をしない」ということです。ゴシゴシ洗いは禁物です。

 

ニキビは、皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こし、赤く腫れあがった状態です。

 

ニキビに悩む人の多くは皮脂を落とそうと躍起になって、毎日何回もゴシゴシと洗顔するのです。

 

しかしこれはまったくの逆効果です。

 

肌はもともと防御機能があり、皮脂が不足すれば、肌を守るために皮脂を分泌しています。

 

結局のところ、皮脂を落とすために洗顔すればするほど、皮脂は分泌されるということになります。

 

そして気分的にどうしてもキレイにしようとゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これもNG。

 

ニキビを予防する基本は確かに清潔さを保つことであり、毎日の洗顔はすごく大切です。

 

しかし正しいやり方で洗顔をしないとかえってニキビを悪化させることにつながります。

 

ニキビ対策洗顔方法

 

洗顔料選びは自分の肌の質に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

その上で正しい洗顔方法で洗顔することがポイントです。

 

正しい洗顔方法とは「泡で洗う」こと。

 

洗顔料をしっかりと泡立たせて、掌が顔に触れるかふれないかの感覚で、泡で洗うようにしましょう。

 

手のひらでゴシゴシ洗うと、毛穴の汚れはかえって落ちにくくなり、しかも肌表面の皮脂を必要以上にとってしまいます。

 

洗顔後にツッパリ感がある場合は、正しい洗顔ができていないということなので、一度意識してみてください。

 

洗顔の方法だけで、肌の潤いを保てるかどうかが変わってきます。

 

洗顔したらすぐにタオルで拭くのではなく、顔の表面にある水分をパタパタと手で軽くたたきながら、肌にとどめるようにしましょう。

 

これだけでも保湿力がアップしますよ。

 

そして洗顔後に薬用デニーロ(DENIRO)をなじませるわけですが、洗顔後すぐに素早く行いましょう。

 

正しい洗顔方法で肌がキレイになっているところに、薬用デニーロ(DENIRO)の有効成分をなじませましょう。

 

薬用デニーロ(DENIRO)の配合成分をたっぷりと肌に閉じ込めることで、しっかりと保湿され、それがニキビを改善する近道となります。

 

水分がたっぷり補給されていれば、余分な皮脂が分泌されることもありません。

 

洗顔をするときはぬるま湯を使うのもおすすめです。

 

ぬるま湯を使うことで、毛穴が適度に開き、薬用デニーロ(DENIRO)の成分が浸透しやすくなります。

 

洗顔後に時間がたってから薬用デニーロ(DENIRO)を使っても、肌の奥まで浸透しにくくなりますからね。

 

洗顔後の薬用デニーロ(DENIRO)ケアは時間をおかず、迅速に!

 

>>薬用デニーロ(DENIRO)の詳細はコチラ